コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清経 きよつね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清経
きよつね

能の曲名。二番目物世阿弥作。平家の公達左中将清経の妻 (ツレ) のもとに,清経の家臣淡津三郎 (ワキ) が訪れ,清経が豊前の国で入水したことを告げ,形見の黒髪を届ける。その夜,妻の枕辺に清経の幽霊が現れる。妻は夫の自害を恨み,夫は死を決意するまでの事情と最期のありさまを語り聞かせる。そして,修羅道苦しみを再現したのち,成仏して消えうせる。無常感と恋慕の哀愁の色濃い,優美な修羅物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

清経【きよつね】

能の曲目。修羅物五流現行。世阿弥作。一門の行く末をはかなんで入水した平清経の亡霊が妻の枕辺に現れ,すべてを押し流してしまう運命の推移と,修羅道の苦を仕方話で語る。
→関連項目夢幻能

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよつね【清経】

能の曲名。二番目物修羅物世阿弥作。シテは平清経の霊。源平の戦で西国へ都落ちした清経の邸には,妻(ツレ)が寂しく留守を守っている。そこへ夫の自殺を知らせる使い(ワキ)が来て,遺髪を届ける。あきらめきれない妻は,死者に形見を手向け返すことにするが,泣き伏した妻のうたた寝の枕がみに,清経の霊が現れる。妻は,戦死か病死ならともかく,自分を置き去りにして自殺するとはと恨み嘆くので,夫は死の動機を物語って慰める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きよつね【清経】

能の一。修羅物。世阿弥ぜあみ作。平清経の入水の報を受けた妻が悲嘆に暮れていると、清経の亡霊が現れ、妻を慰め、敗戦のありさまなどを語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清経
きよつね

能の曲目。二番目、修羅物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。原典は『平家物語』。平家一門の行く末をはかなみ、戦闘を待たずに投身自殺した重盛(しげもり)の三男、平清経が、死後まもない時間から自分の死を語るという夢幻能の手法で描かれている。家来の淡津三郎(あわづのさむろう)(ワキ)が、その形見を持って都に上ってくる。清経の妻(ツレ)は、戦死でも病死でもない夫の最期を恨み嘆く。その夢枕(ゆめまくら)に立った清経の亡霊(シテ)は、非情に傾く平家の運命を語る。笛を吹きすさび、今様(いまよう)を謡い、西に傾く月に極楽を願って入水(じゅすい)する。あの世に待ち受けている修羅道の苦のなかで、最期の一念の清らかさを縁に、その亡魂は仏果を得て終わる。シテの出を導く「恋之音取(ねとり)」の特殊演出は、笛の独奏と長い沈黙の交錯が、妻の夢のなかにしだいにその形を濃くしていく亡霊をみごとに表現する。抽象表現の極とされる『芭蕉(ばしょう)』の能と、心理描写や具象表現の多い『清経』の二番を舞いえたら、それこそ上手と古来伝えられている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清経の言及

【音取】より

…そして曲柄に応じたいくつかの旋律があって,〈真(しん)ノ音取〉〈鬘(かつら)ノ音取〉などという名称が用いられる。そのほか,特別なものとして〈恋ノ音取〉があり,これは《清経》の能に〈恋ノ音取〉という小書がついたときに,シテ・清経の霊の登場に用いられる。これは小鼓なしの能管の独奏曲で,笛方は常の位置より少し前に出て橋掛りのほうに向かって,静かに吹き出す。…

※「清経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清経の関連キーワード儀礼(儒教経典)谷口 喜代三国枝 良三郎尚書古文疏証三洞・四輔頓・一向増田正造藤原忠平五条乙前鳥居清満皇清経解青墓目井田村 勇澄みやか秦恒平金正喜王先謙孫詒譲ならく足弱車

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清経の関連情報