コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田式熱針療法 ひらたしきねつばりりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平田式熱針療法
ひらたしきねつばりりょうほう

平田内蔵吉 (1901~45年) が考案した「熱針器」を使った家庭療法で,昭和の初めころにブームとなり全国的に普及した。近年,針灸の著名な研究家であった間中喜雄 (1911~89年) が再評価し,専門家の間でも注目されつつある。「熱針器」は,じょうろ状の器の中に石綿を詰めてアルコールを染み込ませ,火をつけて,熱くなった器具の先端で皮膚を刺激するもの。これにより,ハリの痛効果と灸の温熱効果が同時に発揮できる。なお,現在では種々の工夫を凝らしたものが市販されており,熱源も電気を使っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平田式熱針療法の関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキース

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android