コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田玉蘊 ひらた ぎょくうん

3件 の用語解説(平田玉蘊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平田玉蘊

江戸後期の四条派の画家。備後尾道生。住居を鳳尾蕉軒と称する。安政2年(1855)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田玉蘊 ひらた-ぎょくうん

1787-1855 江戸時代後期の画家。
天明7年生まれ。備後(びんご)(広島県)尾道の豪商福岡屋の次女。福原五岳,八田古秀(はった-こしゅう)にまなぶ。また詩歌をこのみ,頼山陽らと親交があった。尾道市福善寺本堂の襖(ふすま)絵「雪景松竹梅」などの作品がある。安政2年6月20日死去。69歳。名は豊子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平田玉蘊

没年:安政2.6.20(1855.8.2)
生年:天明7(1787)
江戸後期の画家。備後(広島県)の福岡屋平田五峯の次女。名は豊子,のちに章。池大雅の門人福原五岳に画を学び,のち四条派の八田古秀にも学んだ。文化4(1807)年頼山陽と初めて会い,以後教えを受ける。尾道の浄土寺に文化7年銘の「牡丹・山桜図杉戸絵」があるほか,同寺に「竹ニ軍鶏図衝立」,福善寺(尾道市)に「雪景松竹梅図襖」,慈観寺(尾道市)に「桐ニ鳳凰図襖」など,女性画家としては大作が多く異彩を放っている。しかもこうした障壁画に異様に大きな落款を記し,自己主張の強さがうかがえる。墓は尾道市の持光寺にある。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平田玉蘊の関連キーワード青広胤早斯尹等明原文暉森白鳳牧楚山菅江嶺片山索準斎松本文平

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平田玉蘊の関連情報