コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田眠翁 ひらた みんおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田眠翁 ひらた-みんおう

1807-1882 江戸後期-明治時代の本草家。
文化4年生まれ。因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主池田定保(さだやす)の近習医師。薬草に興味をもち,鳥取藩産物会所薬園係となり,因幡,伯耆(ほうき)(鳥取県)の植物を調査し,のち薬園長をつとめた。明治15年4月5日死去。76歳。本姓は小林。名は知足。通称は景順,栄。著作に「因伯産物薬効録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平田眠翁の関連キーワード明治時代本草家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android