平良敏子(読み)たいら としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平良敏子 たいら-としこ

1921- 昭和-平成時代の染織家。
大正10年2月14日生まれ。大原総一郎,外村(とのむら)吉之介らの助言によって沖縄工芸の価値を再認識し,昭和21年帰郷,沖縄県大宜味(おおぎみ)村で絶える寸前だった芭蕉布(ばしょうふ)の復興につくした。49年重要無形文化財に指定された喜如嘉(きじょか)の芭蕉布保存会代表をつとめる。61年吉川英治文化賞。平成12年芭蕉布で人間国宝

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平良敏子の関連情報