コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原総一郎 おおはらそういちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原総一郎
おおはらそういちろう

[生]1909.7.29. 岡山
[没]1968.7.27. 東京
実業家。 1932年,東京大学経済学部を卒業後,一族の経営する倉敷紡績の関連会社・倉敷絹織 (現クラレ ) に入社。 39年社長に就任し,41年から倉敷紡績社長も兼任した。経営者として評価を高めたのは,独自の開発によるビニロンの工業化だが,他方で,大原農業研究所,大原社会問題研究所,倉敷中央病院,大原美術館などの事業を発展させたことでも著名。 64年国民生活審議会会長に就任し,初めて企業の社会的責任を強調,公害問題に対して発生者責任の原則を提唱した。私生活では R.シューマンとゴッホに魅せられ,音楽を生活の一部とした教養人であった。起業家精神をもち,自然と人間,科学技術を総合的にとらえ直した経営者の1人である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原総一郎 おおはら-そういちろう

1909-1968 昭和時代の経営者。
明治42年7月29日生まれ。大原孫三郎の長男。昭和7年父の経営する倉敷絹織(現クラレ)に入社,14年社長。25年ビニロンの工業化に成功する。倉敷紡績社長,物価庁次長,関西経済同友会代表幹事などを歴任。日本民芸協会会長,大原美術館理事長などをつとめた。昭和43年7月27日死去。58歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大原総一郎の言及

【大原美術館】より

…近代の西洋絵画が主流をなしているが,古代エジプト美術,ペルシア陶器あるいは中国古美術なども加わって,漸次その規模を拡充している。第2次大戦後の推進者は大原総一郎(1909‐68)で,20世紀の現代美術と日本の近・現代美術の作品が新たに加わり,収蔵作品に通史的な展望をあたえた。同時に,民芸運動の中心的な指導者たちの作品を展示する陶器・板画・染色館を設立。…

※「大原総一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原総一郎の関連キーワード志水 楠男昭和時代平良敏子化学繊維

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android