コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原総一郎 おおはらそういちろう

2件 の用語解説(大原総一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原総一郎
おおはらそういちろう

[生]1909.7.29. 岡山
[没]1968.7.27. 東京
実業家。 1932年,東京大学経済学部を卒業後,一族の経営する倉敷紡績関連会社倉敷絹織 (現クラレ ) に入社。 39年社長に就任し,41年から倉敷紡績社長も兼任した。経営者として評価を高めたのは,独自の開発によるビニロンの工業化だが,他方で,大原農業研究所大原社会問題研究所,倉敷中央病院,大原美術館などの事業を発展させたことでも著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原総一郎 おおはら-そういちろう

1909-1968 昭和時代の経営者。
明治42年7月29日生まれ。大原孫三郎の長男。昭和7年父の経営する倉敷絹織(現クラレ)に入社,14年社長。25年ビニロンの工業化に成功する。倉敷紡績社長,物価庁次長,関西経済同友会代表幹事などを歴任。日本民芸協会会長,大原美術館理事長などをつとめた。昭和43年7月27日死去。58歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大原総一郎の言及

【大原美術館】より

…近代の西洋絵画が主流をなしているが,古代エジプト美術,ペルシア陶器あるいは中国古美術なども加わって,漸次その規模を拡充している。第2次大戦後の推進者は大原総一郎(1909‐68)で,20世紀の現代美術と日本の近・現代美術の作品が新たに加わり,収蔵作品に通史的な展望をあたえた。同時に,民芸運動の中心的な指導者たちの作品を展示する陶器・板画・染色館を設立。…

※「大原総一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大原総一郎の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没岡山交通博覧会岡山大空襲土屋源市Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone