コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平良真牛 たいら もうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平良真牛 たいら-もうし

1866-? 明治時代の農民運動家。
尚泰王19年生まれ。沖縄県宮古島保良村(城辺(ぐすくべ)町)の人。明治26年人頭税廃止を帝国議会に請願するため,西里蒲(かま)と宮古島の農民代表として上京。協力者城間(ぐすくま)正安,中村十作らと政府に農民の実態をうったえた。彼らの送迎時にうたいおどられた「人頭税廃止のクイチャー(宮古民謡)」は「保良真牛がアヤグ」ともよばれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平良真牛の関連キーワード中村 十作明治時代尚泰王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android