城辺(読み)ぐすくべ

  • じょうへん
  • じょうへん ジャウ‥

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄県西部,宮古島市南東部の旧町域。宮古島の南東部にある。1947年町制。2005年平良市,下地町,上野村,伊良部町と合体して宮古島市となる。旧町名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名に由来大半はサトウキビ栽培農家だが,肉牛飼育も盛ん。製糖工場がある。上比屋山遺跡(ういぴゃーやまいせき),ムイガー断崖,国指定名勝の東平安名崎(ひがしへんなざき)など観光資源が多い。
愛媛県南端,愛南町の旧町域。宿毛湾に面し,僧都川流域を占める。1923年町制。1952年緑僧都村と,さらに 1956年東外海町と合体。2004年内海村,および御荘町,一本松町,西海町の 3町と合体し,愛南町となる。中心集落の辺は,戦国時代に常盤山に城が置かれてから,その城下町として発達。山地が多い。海洋性気候で,温暖な気候に恵まれている。米作のほか果樹栽培が行なわれる。深浦港カツオ漁で知られる漁港で,避難港の役割も果たす(→深浦)。天嶬鼻は宇和海海域公園地区に属する景勝地で,黒崎鼻付近一帯とともに足摺宇和海国立公園に属する。付近は,海底にサンゴ類や熱帯魚が見られ,磯釣りでも有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 城のあたり。
※経国集(827)一・重陽節神泉苑賦秋可哀〈嵯峨天皇〉「到暁城辺誰擣衣、冷々夜響去来飛」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の城辺の言及

【八重山地震津波】より

…宮古でも退潮現象があり,また巨大なサンゴ礁岩も打ち上げられている。池間・前里(現,平良(ひらら)市),友利・砂川(現,宮古郡城辺(ぐすくべ)町),新里・宮国(現,下地(しもじ)町),伊良部(いらぶ)・仲地・佐和田(現,伊良部町),塩川・仲筋・水納(みんな)(現,多良間(たらま)村)の12ヵ村に被害があり,計2548人が死亡した。結局,遭難者は八重山,宮古を合わせて1万1861人に達した。…

※「城辺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城辺の関連情報