コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡形状 ヘイコウケイジョウ

世界大百科事典 第2版の解説

へいこうけいじょう【平衡形状 equilibrium figure】

地球,太陽,星などの天体は,ほとんどすべて完全に近い球の形をしている。これらの天体は,ニュートン万有引力の法則により自分自身が作り出す重力と内部の圧力とがつり合って,ある一定の大きさに保たれている。このように自己重力のもとで平衡状態にある天体の形を平衡形状という。天体に働く力が自己重力のみで,内部の圧力が等方的な場合,平衡形状は球形になる。しかし,一般に天体は自転しており,そのため自己重力以外に自転による遠心力が働く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android