コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡形状 ヘイコウケイジョウ

デジタル大辞泉の解説

へいこう‐けいじょう〔ヘイカウケイジヤウ〕【平衡形状】

重力平衡にある天体が示す形状。自己重力のみがはたらき、内部圧力と平衡している場合には球になるが、ふつう天体は自転しているため、遠心力がはたらき、上下方向につぶれた楕円体(だえんたい)となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へいこうけいじょう【平衡形状 equilibrium figure】

地球,太陽,星などの天体は,ほとんどすべて完全に近い球の形をしている。これらの天体は,ニュートン万有引力の法則により自分自身が作り出す重力と内部の圧力とがつり合って,ある一定の大きさに保たれている。このように自己重力のもとで平衡状態にある天体の形を平衡形状という。天体に働く力が自己重力のみで,内部の圧力が等方的な場合,平衡形状は球形になる。しかし,一般に天体は自転しており,そのため自己重力以外に自転による遠心力が働く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

平衡形状の関連キーワードダーウィン(George Howard Darwin)惑星(天体)回転平衡形天体力学楕円体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android