コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀義信 ひらが よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平賀義信 ひらが-よしのぶ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
源義光の孫。大内惟義(これよし)・平賀朝雅(ともまさ)の父。平治の乱では源義朝にしたがう。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵にくわわり,元暦(げんりゃく)元年武蔵守(むさしのかみ)となる。善政をおこない,頼朝もこれを賞賛,以後の国司の模範とするように府庁に壁書(かべがき)させたという。信濃(しなの)(長野県)出身。通称は大内四郎。名は義遠ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらがよしのぶ【平賀義信】

平安末期・鎌倉初期の武将。生没年不詳。本名は義遠。信濃源氏平賀盛義の子。大内惟義・平賀朝雅の父。平治の乱では最後まで源義朝に従う。頼朝の門客として重用され,1184年(元暦1)武蔵守となり,善政を行い同国国務の先例をつくる。その館は,頼朝に征夷大将軍の除書を持参した勅使の亭になった。2代将軍頼家の乳母夫。3代将軍実朝元服の際には加冠の役をも務めた。【松井 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の平賀義信の言及

【平賀氏】より

…中世,信濃国佐久郡に所領を持った武家。平安末期に源義家の孫にあたる盛義が,信濃国佐久郡平賀(長野県佐久市)に住したのを始めとする。盛義の子義信は平治の乱(1159)に際し源義朝に従い,治承・寿永の内乱では源頼朝にくみした。鎌倉幕府が成立すると義信は武蔵守に,その子惟義(大内氏)は伊賀守護に,朝雅は伊勢守護に任ぜられ,重用された。朝雅は北条時政の娘婿であったが,1205年(元久2)時政の朝雅将軍擁立策に連坐し,京都で殺された。…

※「平賀義信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平賀義信の関連キーワード大内義信鎌倉時代比企能員武蔵国源義信源義光

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android