コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平金 ヒラキン

デジタル大辞泉の解説

ひら‐きん【平金】

切り箔(はく)の一。金箔を鳥の子紙に漆ではり、紙の縦の方向に細く切ったもの。金襴(きんらん)などの紋織物緯糸(ぬきいと)に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらきん【平金】

金箔きんぱくを漆で鳥の子紙にはり、糸状に切ったもの。金襴などの緯ぬきに使用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平金の関連キーワードナンヨウキンメ金襴・銀襴横山 隆興横山 隆俊船越半島舟越間道針屋裂銅拍子綿金襴切り箔金改役竹屋町山田町金巾糸状平銀金糸鐃鈸

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平金の関連情報