コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たて たて

大辞林 第三版の解説

たて

( 連語 )
〔過去・完了の助動詞「た」に終助詞「て」の付いたもの〕
たよ。たわい。 「さやうさやう、申しやし-/滑稽本・和合人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

たて

演劇用語。戦争,捕物,殺し,喧嘩(けんか)など,広く闘争の演技をいう。立回りとも呼び,殺陣とも書く。歌舞伎では,特に様式化・舞踊化された美しい動きを見せるのが特徴。
→関連項目剣劇新国劇とんぼ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

たての関連キーワード摘みたてアロマバスバスクリンクール縦横・経緯アスピーテたてだてし縦挽き鋸出石そば立三味線細烏帽子日置帯刀建増し点出し建値段谷干城鏡ヶ浦霜の経花立町終助詞滑稽本舘ノ内

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たての関連情報