斧鑿(読み)フサク

デジタル大辞泉の解説

ふ‐さく【××鑿】

おのとのみ。また、それで細工すること。
詩文などに技巧を凝らすこと。
「其句の巧妙にして―の痕を留めず」〈子規・俳人蕪村〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふさく【斧鑿】

おのとのみ。また、それで細工すること。転じて、詩文・書画などに技巧をこらすこと。 「孟浩然が五律、多くは一気呵成、-の痕なし/淡窓詩話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐さく【斧鑿】

〘名〙
(おの)と鑿(のみ)。また、おのやのみを使って細工すること。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「或は刻削せる壁の如く、或は斧せる柱に似、譎奇変幻真に具状すべからず」 〔魏志‐鍾繇伝〕
詩文などに技巧をこらすこと。
※常山文集(1718)二〇・銘「玉句兮金文、何仮兮斧鑿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android