斧鑿(読み)ふさく

精選版 日本国語大辞典「斧鑿」の解説

ふ‐さく【斧鑿】

〘名〙
(おの)と鑿(のみ)。また、おのやのみを使って細工すること。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「或は刻削せる壁の如く、或は斧鑿せる柱に似、譎奇変幻真に具状すべからず」 〔魏志‐鍾繇伝〕
② 詩文などに技巧をこらすこと。
※常山文集(1718)二〇・銘「玉句兮金文、何仮兮斧鑿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「斧鑿」の解説

ふ‐さく【××鑿】

おのとのみ。また、それで細工すること。
詩文などに技巧を凝らすこと。
「其句の巧妙にして―の痕を留めず」〈子規・俳人蕪村〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android