斧鑿(読み)フサク

  • ×斧×鑿

デジタル大辞泉の解説

おのとのみ。また、それで細工すること。
詩文などに技巧を凝らすこと。
「其句の巧妙にして―の痕を留めず」〈子規・俳人蕪村〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのとのみ。また、それで細工すること。転じて、詩文・書画などに技巧をこらすこと。 孟浩然が五律、多くは一気呵成、-の痕なし/淡窓詩話

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 斧(おの)と鑿(のみ)。また、おのやのみを使って細工すること。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「或は刻削せる壁の如く、或は斧鑿せる柱に似、譎奇変幻真に具状すべからず」 〔魏志‐鍾繇伝〕
② 詩文などに技巧をこらすこと。
※常山文集(1718)二〇・銘「玉句兮金文、何仮兮斧鑿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android