コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年齢別最低賃金

1件 の用語解説(年齢別最低賃金の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

年齢別最低賃金

労働組合による賃上げ交渉の際、要求されるもので、生活給としての報酬を維持する観点から年齢別に最低賃金を使用者に保証させる目的で設定されるもの。
・5歳きざみの年齢で要求されることが一般的である。
・産業別の要求、企業別の要求などがあるが、使用者側としては、要求を認めると能力主義賃金化への障害が生じる。近年の能力主義へのシフト(年功的要素の排除、ベアの廃止等)によって、年齢に相関を持った賃金が縮小傾向にあり、年齢別最低賃金の意味合いも薄まりつつある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年齢別最低賃金の関連キーワード官公労単産労働組合期成会労働組合法黄色組合赤色組合全労賃上げ賃金ベース賃金交渉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone