コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸斎 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸斎 こうさい

?-? 江戸時代後期の陶画工。
嘉永(かえい)(1848-54)のころ近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩窯の湖東焼で,金襴手(きんらんで)(金彩文様)の絵付けを担当した。もと飛騨(ひだ)(岐阜県)高山の僧とも京都の人ともいわれる。姓は岡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

幸斎の関連キーワード池田 大伍池田大伍嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android