コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金襴手 きんらんで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金襴手
きんらんで

陶磁用語。赤絵色絵などに金彩を加えたもの。色釉と金との配色が織物の金襴の趣に似ているところから,この名が出た。中国宋代に始り,明・清代に極度に発達,この刺激により日本では江戸時代中期から作られた。京焼名工永楽保全の偕楽園時代の作品に金襴手の名品が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんらん‐で【金×襴手】

色絵の上に金彩色を施した磁器。中国、明代に流行し日本に輸入された。器物は碗が最も多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金襴手【きんらんで】

上絵(うわえ)付けした陶磁器に,さらに金泥(きんでい)や金箔(きんぱく)の文様を施したもの。織物の金襴からきた名称。中国では【そう】金(そうきん)といい,明代嘉靖期の作が最もすぐれている。
→関連項目赤絵永楽保全加藤土師萌九谷焼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんらんで【金襴手】

金彩色絵磁器のこと。中国江西省景徳鎮民窯で16世紀中ごろ(明代嘉靖年間)に作られた。上絵付した後,金箔を焼き付けて文様を表したもので,織物の金襴に似ているところから日本でこう呼ばれた。また広義には金泥を用いたものも含み,装飾技法の名称としても用いられる。金襴手の磁器には地釉(じぐすり)の別によって,五彩(赤絵)に金彩を加えた赤絵金襴手,赤を地釉に用いた赤地金襴手,瑠璃釉(るりゆう)上に金彩を加えた瑠璃地金襴手,その他萌葱(もえぎ)地金襴手,黄地金襴手,白地金襴手などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんらんで【金襴手】

磁器で、赤絵・色絵の華美な錦手にしきでにさらに金彩を加えたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金襴手
きんらんで

金彩文様のある色絵磁器のことで、五彩ともいう。陶磁器に主として金箔(きんぱく)文様を加飾する華麗な色彩効果はすでに唐代に、土器に行われたが、北宋(ほくそう)代に定窯(ていよう)で試みられた金花(金箔文様の焼付け)技術が磁器では最初と目される。元(げん)以後は景徳鎮窯でやはり金襴手が焼かれている。とりわけ明(みん)代嘉靖(かせい)年間(1522~66)には白磁五彩地にさらに金箔文様を焼き付ける絢爛(けんらん)たる装飾法が流行して、この磁器がとくに金襴手と日本で呼び習わされた。この嘉靖金襴手は、江戸時代の中期、18世紀に日本で大いに愛好されるようになり、一世を風靡(ふうび)し伊万里(いまり)焼もこの金襴手に倣って独自の伊万里金襴手をつくりあげ、大流行を遂げた。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金襴手の言及

【赤絵】より

…まだ明代初期の赤絵については不明な点が多いが,15世紀には成化の豆彩(とうさい)(闘彩)として現れ,その後は日本で古赤絵と呼ぶ嘉靖期(1522‐66)以前の民窯の赤絵として量産された。続く嘉靖年間は赤絵の全盛期で民窯では金襴手,官窯では白磁や青花磁に五彩を加えたものを中心に,色釉地に色釉文様を加えた雑彩と呼ぶ濃麗な作品も作られた。万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。…

【永楽保全】より

…43年(天保14)には家督を息子仙太郎(後の和全,1823‐96)に譲り,善一郎と改名,48年(嘉永1)に保全を称した。保全は中華趣味,文人趣味の流行に従い,金襴手,祥瑞(しよんずい),交趾,呉須赤絵など中国陶磁を主流に高麗写しや仁清,古清水写しなどを手がけた。とくに金襴手は得意で,金泥を用いながら金箔を用いた中国金襴手に劣らない豪華さを表し,交趾釉も明代の法花の技法を学んで,明るく都会的な作風を生み出した。…

※「金襴手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金襴手の関連キーワード錦光山 宗兵衛(7代目)加藤 幸兵衛(5代目)錦光山宗兵衛(7代)真清水蔵六(初代)清風与平(初代)飯田屋八郎右衛門錦光山(7代)木崎千左衛門星山仲兵衛真清水蔵六大友氏遺跡重久元阿弥薩摩伝承館呉須赤絵富本憲吉九谷庄三永楽和全三浦竹泉清風与平浅井一毫

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金襴手の関連情報