コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻覚犯 げんかくはんWahndelikt

4件 の用語解説(幻覚犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻覚犯
げんかくはん
Wahndelikt

法律上罪とならない事実を罪となると誤信してなされた行為。もちろん犯罪ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんかくはん【幻覚犯】

法律上罪とならない行為を罪になると信じてなされた行為。犯罪ではない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻覚犯
げんかくはん

犯罪構成要件にあたる事実が客観的には存在しないのに、これにあたる事実があるものと誤信して行為を行うこと。幻覚犯は、そもそも当該行為を処罰する規定が存在しない以上、行為者がいかに犯罪を犯すつもりでも不可罰であることはいうまでもない。これに対して、客観的には、当該行為は構成要件に該当するにもかかわらず、行為者がこれに該当しないものと誤信していたとしても、単なる「あてはめの錯誤」にすぎず、故意は阻却されない。なお、幻覚犯は迷信犯とは異なる。迷信犯とは、たとえば殺人の目的でいわゆる「丑(うし)の時参り」をする場合のように、だれがみてもこの種の行為によっては犯罪結果を実現しえないことをいう。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone