コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻覚犯 げんかくはんWahndelikt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻覚犯
げんかくはん
Wahndelikt

法律上罪とならない事実を罪となると誤信してなされた行為。もちろん犯罪ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんかく‐はん【幻覚犯】

法律上罪にならない行為を、罪になると信じて行うもの。広義不能犯の一種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんかくはん【幻覚犯】

法律上罪とならない行為を罪になると信じてなされた行為。犯罪ではない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻覚犯
げんかくはん

犯罪構成要件にあたる事実が客観的には存在しないのに、これにあたる事実があるものと誤信して行為を行うこと。幻覚犯は、そもそも当該行為を処罰する規定が存在しない以上、行為者がいかに犯罪を犯すつもりでも不可罰であることはいうまでもない。これに対して、客観的には、当該行為は構成要件に該当するにもかかわらず、行為者がこれに該当しないものと誤信していたとしても、単なる「あてはめの錯誤」にすぎず、故意は阻却されない。なお、幻覚犯は迷信犯とは異なる。迷信犯とは、たとえば殺人の目的でいわゆる「丑(うし)の時参り」をする場合のように、だれがみてもこの種の行為によっては犯罪結果を実現しえないことをいう。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android