コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻覚犯 げんかくはん Wahndelikt

4件 の用語解説(幻覚犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻覚犯
げんかくはん
Wahndelikt

法律上罪とならない事実を罪となると誤信してなされた行為。もちろん犯罪ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんかく‐はん【幻覚犯】

法律上罪にならない行為を、罪になると信じて行うもの。広義の不能犯の一種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんかくはん【幻覚犯】

法律上罪とならない行為を罪になると信じてなされた行為。犯罪ではない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻覚犯
げんかくはん

犯罪構成要件にあたる事実が客観的には存在しないのに、これにあたる事実があるものと誤信して行為を行うこと。幻覚犯は、そもそも当該行為を処罰する規定が存在しない以上、行為者がいかに犯罪を犯すつもりでも不可罰であることはいうまでもない。これに対して、客観的には、当該行為は構成要件に該当するにもかかわらず、行為者がこれに該当しないものと誤信していたとしても、単なる「あてはめの錯誤」にすぎず、故意は阻却されない。なお、幻覚犯は迷信犯とは異なる。迷信犯とは、たとえば殺人の目的でいわゆる「丑(うし)の時参り」をする場合のように、だれがみてもこの種の行為によっては犯罪結果を実現しえないことをいう。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻覚犯の関連キーワード法律行為法律問題私生代理権法律婚法律上当然の指図証券法律上の減軽法律上の主張法律上の推定法律上の累犯