コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼芽 ヨウガ

3件 の用語解説(幼芽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よう‐が〔エウ‐〕【幼芽】

植物の胚(はい)が子葉に包まれている芽。発芽すると茎や葉になる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幼芽
ようが
plumule

高等植物の胚(はい)がもっている苗条(シュート)の原基。発芽後は、おもにこの部分が成長することになるが、種子内の胚においては子葉や胚軸が大部分の体積を占め、幼芽ははるかに小さい。幼芽の発達の程度は種類によってさまざまであり、茎頂だけしかできていないもの、小さな葉原基を1個つくっているもの、また、ハスのようにすでに節間が伸び、数個の葉を折り畳んだ状態でもっているものなどがある。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幼芽の関連情報