コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚軸 ハイジク

大辞林 第三版の解説

はいじく【胚軸】

種子植物の胚にできる円柱形の部位。茎の原型で上端は子葉と幼芽に、下端部は幼根になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胚軸
はいじく
hypocotyl

裸子植物および被子植物の胚において、主根(幼根)原基と子葉の付着部(節)とをつないでいる軸の部分をいう。英語のhypocotylは「子葉の節よりも下の部分」という意味である。胚軸と主根との境界は不明瞭(めいりょう)である。双子葉植物の胚軸の断面で通道組織の配列構造をみると、上部では茎に特有な真正中心柱、下部では根に特有な放射中心柱となっているが、中間部では漸次に移行している。成体の植物が直立する単一の幹をもつ場合、幹の最下部が胚軸に相当する。なお、子葉の節よりも上にある茎の部分を「上(じょう)胚軸」epicotylとよぶことがあるため、これとの区別から、本来の胚軸は「下(か)胚軸」ともよばれる。[山下貴司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胚軸の関連キーワードニンジン(人参)キルカエアステル大豆サポニンマングローブ双子葉植物単子葉植物多肉植物ナガイモ種子植物胎生種子形態形成伸長成長担根体貯蔵根ヒルギアマモ維管束原型鬚根幼芽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android