幽霊火(読み)ユウレイビ

デジタル大辞泉の解説

ゆうれい‐び〔イウレイ‐〕【幽霊火】

幽霊のそばで燃えるとされる青白い火。絵に描き表されたり、演劇などで、幽霊の現れるときにともしたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうれいび【幽霊火】

幽霊のそばで燃えるとされる青白い炎。鬼火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうれい‐び イウレイ‥【幽霊火】

〘名〙 幽霊のそばに燃えるとされる火。絵画・演劇などで表現され、舞台では、焼酎(しょうちゅう)火・樟脳(しょうのう)火を用いて人魂を表わす。青火。鬼火。
※風俗画報‐二二三号(1900)遊芸門「幽霊火とは一個の酒精洋燈を据え、其上に円柱形なる黄銅棍棒を置き、之を巻くに紙を以てす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android