コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広域避難広場 こういきひなんひろば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広域避難広場
こういきひなんひろば

大地震などの災害発生後に起こりうる延焼火災や津波から周辺地区の避難者を保護するために必要な面積を有する広場。公園,緑地グラウンド,公共の空き地などの場合が多い。消防用設備防災設備)や防災資機材備蓄庫をもち,救援救助,復旧活動の拠点となる。防災計画や安全性,地域性に応じて各自治体が位置,規模,構造を計画し指定する。災害の際,住民は基本的に近隣の一時避難場所へ集合するが,火災域の拡大や避難所自体に危険が及んだ場合などの最終避難場所として位置づけられる。各自治体は防災地図を作成したり標識を設置するなどして避難場所や避難経路を住民に通知する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

広域避難広場の関連キーワード大地震

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android