広島 晃甫(読み)ヒロシマ コウホ

20世紀日本人名事典の解説

広島 晃甫
ヒロシマ コウホ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治22(1889)年11月23日

没年
昭和26(1951)年12月16日

出生地
徳島県徳島市

本名
広島 新太郎

別名
別号=滉人

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔昭和40年〕入学

経歴
高松工芸学校で蒔絵を、美校時代白馬会洋画研究所で洋画も学んだ。明治42年万鉄五郎らとアブサント会を結成、大正5年長谷川潔らと日本版画倶楽部を創設。8年第1回帝展「青衣の女」他1点が特選、第2回で「夕暮の春」特選。以後新文展、日展などにも出品、審査員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

広島 晃甫 (ひろしま こうほ)

生年月日:1889年11月23日
大正時代;昭和時代の日本画家
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android