広島 晃甫(読み)ヒロシマ コウホ

20世紀日本人名事典の解説

広島 晃甫
ヒロシマ コウホ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治22(1889)年11月23日

没年
昭和26(1951)年12月16日

出生地
徳島県徳島市

本名
広島 新太郎

別名
別号=滉人

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔昭和40年〕入学

経歴
高松工芸学校で蒔絵を、美校時代白馬会洋画研究所で洋画も学んだ。明治42年万鉄五郎らとアブサント会を結成、大正5年長谷川潔らと日本版画倶楽部を創設。8年第1回帝展「青衣の女」他1点が特選、第2回で「夕暮の春」特選。以後新文展、日展などにも出品、審査員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

広島 晃甫 (ひろしま こうほ)

生年月日:1889年11月23日
大正時代;昭和時代の日本画家
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android