コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広幡前豊 ひろはた さきとよ

美術人名辞典の解説

広幡前豊

江戸中期の公卿。長忠の男。初名は輔忠。内大臣従一位に任じられる。丹青の道を好み、青雲と号する。天明3年(1783)歿、42才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広幡前豊 ひろはた-さきとよ

1742-1784* 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
寛保(かんぽう)2年2月20日生まれ。広幡長忠の子。関白近衛内前(うちさき)の猶子。宝暦3年従三位。権(ごんの)大納言から内大臣,従一位にすすむ。天明3年12月19日死去。42歳。初名は輔忠。号は青雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広幡前豊の関連キーワード広幡前秀寛保