コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋仲光 ひろはし なかみつ

2件 の用語解説(広橋仲光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋仲光 ひろはし-なかみつ

1342-1406 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
康永元=興国3年生まれ。広橋兼綱(かねつな)の子。永和4=天授4年参議。のち権(ごんの)大納言,従一位。足利義満(よしみつ)政権下で南都伝奏(てんそう)をつとめた。応永13年2月12日死去。65歳。勘解由小路(かでのこうじ)と号した。日記に「仲光卿記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広橋仲光

没年:応永13.2.12(1406.3.2)
生年:康永1/興国3(1342)
室町前期の公卿。法名曇寂。父は権大納言兼綱。延文3/正平13(1358)年元服,その2年後蔵人,貞治2/正平18年右少弁,3年後左少弁に任ぜられ,応安7/文中3(1374)年には1年間で権右中弁,左中弁と昇進し,位も従四位下,同上,正四位下と3階級上がった。永和2/天授2(1376)年蔵人頭となり,後円融天皇側近の筆頭となった。翌年正四位上に叙せられ,その次の年参議,従三位となり公卿に列し,同年中に権中納言に昇った。永徳1/弘和1(1381)年に正三位,従二位と位があがり,大宰権帥も兼ねた。嘉慶2/元中5(1388)年権大納言に昇進したが,応永2(1395)年辞任,翌年10月20日従一位に叙せられて翌日一切の官位を辞して,出家した。この時代は南北朝が合体し,かつ足利義満の権力拡大のときだったので苦労も多く,早くに辞職したのもそのへんに理由がある。

(飯倉晴武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広橋仲光の関連キーワード広橋綱光中山定親冷泉為富園基理清閑寺共綱正親町公兼六条有栄万里小路建房柳原量光中山親雅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone