コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋頼資 ひろはし よりすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋頼資 ひろはし-よりすけ

1182-1236 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
寿永元年生まれ。日野兼光(かねみつ)の4男。母は法印院慶の娘。広橋家の祖。藤原光範(みつのり)の養子となり,元仁(げんにん)元年左大弁兼参議,翌年権(ごんの)中納言。従二位。日記「頼資卿記」をのこす。嘉禎(かてい)2年2月30日死去。55歳。勘解由小路(かでのこうじ),四辻(よつつじ)を号した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広橋頼資の関連キーワード頼円(4)世尊寺経朝頼誉(1)藤原頼資広橋経光