コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋家 ひろはしけ

3件 の用語解説(広橋家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広橋家
ひろはしけ

藤原北家日野流。鎌倉時代初期の頼資を祖とし,7代後の兼宣 (室町時代) より広橋を称する。兼宣,兼郷,綱光,兼顕,守光,兼秀と武家伝奏をつとめた。また同時期歴代天皇の乳母を多く出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろはしけ【広橋家】

藤原氏北家内麻呂の流れ,日野家の支流。日野兼光の五男権中納言頼資(1182‐1236)を始祖とする。しかし頼資は四辻または勘解由(かでの)小路と称し,その子経光や孫の兼仲も勘解由小路を号したが,兼仲の玄孫兼宣に至り広橋を号した。家格は名家。始祖以下4代は中納言を極官としたが,兼仲の孫兼綱が贈左大臣,兼宣,綱光,守光,国光が贈内大臣,また国光の父兼秀と子の兼勝が内大臣に,江戸時代の兼賢,兼(勝)胤,伊光らは准大臣に列せられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広橋家
ひろはしけ

藤原氏北家冬嗣(ふじわらしほっけふゆつぐ)流、日野家支流、堂上家(とうしょうけ)。江戸時代の家格は名家(めいか)。鎌倉時代の日野兼光息、頼資(よりすけ)を始祖とする。鎌倉・南北朝期は「勘解由小路(かげゆのこうじ)」を称し、7代、兼宣(かねのぶ)から広橋となった。極官(ごくかん)は、当初、中納言、5代兼綱以降、近世にいたるまで、贈左大臣・贈内大臣・内大臣などに任ぜられた。一方、室町時代の綱光ほか、江戸時代では兼勝などが武家伝奏(ぶけてんそう)に任ぜられ、朝廷と幕府の仲介役をつとめた。なお、江戸時代からは石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)・知恩寺・清水寺成就院(じょうじゅいん)などの寺社伝奏にも任ぜられた。同家に代々伝来した記録・文書群「広橋家文書」は「広橋家記録」ともよばれ、日記や武家・寺社伝奏関係文書を数多く伝え、朝廷や公武関係の貴重、かつ最重要資料群の一つといえる。鎌倉期の3代兼仲(かねなか)の『勘仲記』、室町期『兼宣記』『綱光記』『綱光記』『兼顕記』、近世期の『兼胤記』『伊光記』などがある。[佐多芳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone