コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬保庵 ひろせ ほあん

2件 の用語解説(広瀬保庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬保庵 ひろせ-ほあん

1808-1865 江戸時代後期の医師。
文化5年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)の市川代官所に医師としてつとめる。万延元年遣米使節団の随員となった森田岡太郎の従者のひとりにくわえられ,渡米。帰国して「環海航路日記」「環海航路新図」をあらわした。慶応元年死去。58歳。名は包章。通称は格蔵。別号に半渓。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬保庵

没年:慶応1(1865)
生年:文化5(1808)
幕末の医者。通称は格蔵。号は半渓,保庵。甲斐八代郡市川大門村(山梨県西八代郡)生まれ。医をもって市川代官所に仕える。万延1(1860)年,新見正興遣米使節の一行に加わり世界一周した。これは元市川代官森田岡太郎が勘定方組頭として加わったことから,その用人兼典医役として随行したものである。帰国後,『環海航路日記』(1862,江戸須原屋出版),『環海航路新図』を著した。『環海航路日記』は品川沖からハワイ,サンフランシスコ,パナマまでの航海旅行記。<参考文献>村松志孝『甲州叢話』

(酒田正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広瀬保庵の関連キーワード池内陶所丹頂鶴成福島栄春森文礼医者坊主医者坊手医者転医不断医者掛り付け

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone