コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬青邨 ひろせ せいそん

美術人名辞典の解説

広瀬青邨

幕末・明治の書画家。淡窓の義子。本名は矢野範治、字は世叔。淡窓の門で学び、詩を能くし、書にも優れ、また画にも巧みで蘭竹を好んだ。明治17年(1884)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬青邨 ひろせ-せいそん

1819-1884 幕末-明治時代の儒者。
文政2年8月15日生まれ。広瀬淡窓の咸宜(かんぎ)園にまなび,養子となる。豊後(ぶんご)(大分県)府内藩につかえ,維新後は修史局勤務などをへて東京に私塾東宜園をひらく。「青邨日記」をのこした。明治17年2月3日死去。66歳。豊前(ぶぜん)下毛郡(大分県)出身。本姓は矢野。名は範治。字(あざな)は世叔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬青邨

没年:明治17.2.3(1884)
生年:文政2.8.15(1819.10.3)
幕末・明治前期の儒学者。名は範治,字世叔,青邨は号。豊前国下毛郡土田村(大分県三光村土田)の矢野徳四郎と母末広氏の次男。16歳のとき豊後日田の広瀬淡窓の咸宜園に入る。嘉永4(1851)年淡窓70歳の時,弟旭荘は江戸にあり,旭荘の子林外は16歳だったため,淡窓は当時33歳の矢野範治を養子とし,都講として咸宜園を継がせた。安政3(1856)年淡窓の没後,林外に継がせ,万延・文久のころ府内藩(大分県)藩主松平氏に仕え,藩校遊焉館に教授した。維新後,漢学所出仕,明治8(1875)年岩手県7等出仕兼判事,次いで権参事,また修史局に帰り,廃局後は東京牛込神楽坂に東宜園を開いて教授,さらに華族学校に奉職した。<参考文献>『増補改訂大分県偉人伝』『広瀬家一門の光彩』

(沼田哲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

広瀬青邨の関連キーワード横井 古城太田小三郎山田晋香明治時代横井古城児島三郎広瀬林外儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android