コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄司南海 しょうじ なんかい

1件 の用語解説(庄司南海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄司南海 しょうじ-なんかい

1813-1891 江戸後期-明治時代の儒者。
文化10年生まれ。西村藐庵(みやくあん)の子。庄司甚右衛門の子孫。池守秋水(いけもり-しゅうすい)にまなぶ。祖先の姓を名のって江戸新吉原の名主をつとめ,維新後は志善塾をひらいて子弟に教授した。明治24年2月25日死去。79歳。名は春行。字(あざな)は千里。通称は源三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

庄司南海の関連キーワードペグマタイトドゥーフひん岩アメリカ音楽社史ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone