コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄司南海 しょうじ なんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄司南海 しょうじ-なんかい

1813-1891 江戸後期-明治時代の儒者。
文化10年生まれ。西村藐庵(みやくあん)の子。庄司甚右衛門の子孫。池守秋水(いけもり-しゅうすい)にまなぶ。祖先の姓を名のって江戸新吉原の名主をつとめ,維新後は志善塾をひらいて子弟に教授した。明治24年2月25日死去。79歳。名は春行。字(あざな)は千里。通称は源三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

庄司南海の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android