コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底土 シハニ

デジタル大辞泉の解説

し‐はに【土】

《「下(し)(はに)」の意》地のにある土。そこつち。→初土(はつに)
「―は丹に黒きゆゑ」〈・中・歌謡〉

そこ‐つち【底土】

下層にある土。下の方の土。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しはに【底土】

底の土。下の方の土。 「初土はつには膚赤らけみ-は丹黒き故/古事記

そこつち【底土】

表土の下の土。下層の土。

ていど【底土】

心土しんど 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

底土の関連キーワードラッパムシ(喇叭虫)レセプタキュリテス八丈島納涼花火大会チャレンジャー号レプトセファルスエルテベレ文化片山貝・宮入貝海底表面探査機タマシキゴカイ硬マンガン鉱イオニウム早水台遺跡櫛目文土器浚渫埋立業インカ美術吹切沢遺跡本ノ木遺跡分割所有権岩井堂洞窟森山遺跡

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底土の関連情報