コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

店請人 たなうけにん

3件 の用語解説(店請人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

店請人
たなうけにん

江戸時代,店借 (たながり) の連帯保証人。借家人 (店子) が店借するには,店請人の連署のある店請証文を必要とすることが公的に定められていた。この場合,店請人は,店賃の支払いを保証し,明渡しの場合の引取りなどの責任をとる旨を約し,また店借人の身分も保証した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

店請人
たなうけにん

近世都市において、新たに来住する店借(たながり)に対して町(ちょう)が求めた身元保証人のこと。店借の出自、金銭の借財がないこと、店賃(たなちん)の支払い、問題を引き起こした際の引取りなどを請け負った。親類や奉公先の主人が店請人となることが多く、親兄弟にはその資格はなかった。町の側は、店請人の資格を居住地域や店借との関係について限定する場合があった。近世中期以降には店借との人間的関係なしに金銭によって店請人に立つ者が現れ、しだいに一般化していき、こうした店請専業者が仲間を結成し店請会所(たなうけかいしょ)設立を計画しているが、町の反対などで計画倒れに終わっている。[塚本 明]
『高橋康夫・吉田伸之編『日本都市史入門3』(1990・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の店請人の言及

【店請】より

…江戸時代,江戸や大坂で住人の約70%と推定される店借が,借家する場合に必要な保証をすること。店請人は親類縁者とか同郷の出身者などが多く,家持だけでなく店借がなる場合もあった。店請は借家をする場合だけでなく,店借が店賃を支払えなくなったり,生活が極度に困窮したとき,その家族を引き取ることもあった。…

※「店請人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone