店子(読み)たなこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

店子
たなこ

江戸時代の借家人家主大屋に対する語。町人は,土地,家屋をもつ地主,家主と,借家人である子に大別されるが,店子には法的な権利がなく,町費を負担しなかったため,町内への発言力はきわめて弱く,役所への届け出などはすべて家主の同伴,署名を必要とした。また,訴訟を起すには町年寄または町名主のほかに家主の奥印を要した。そのため「大屋は親,店子は子」といわれ,親子の関係に擬せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

店子
たなこ

江戸時代の借家人。関西では借屋人とよんだ。借家を借りることを店借(たながり)といい、また借り手を店借とも称した。家を借りるときは身元(みもと)保証人として店請(たなうけ)人が必要であったが、適当な保証人のないときは、江戸では家守(やもり)(大屋(おおや))自身が店請人となることがあった。店子は町費を負担しなかったため町政への発言は弱く、公式の書類には「何町誰店某」と、かならず家守の名を肩書に付した。名主や家守の同意がなければ訴訟を起こすことはできず、したがって店子は厳密には一人前の町人とはいえない。店賃をはじめ家守はなにかにつけて店子に関与することが多く、長屋などの店子は連帯感や相互扶助の観念が強かった。[南 和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の店子の言及

【家守】より

…(1)主人不在の家屋敷の多くが都市民衆層に地借(じがり),店借(たながり)として賃貸され,その結果,家守はこれらの零細な地借,店借から地代,店賃(たなちん)を取り立て,併せて,支配の末端として地借・店借層の統制にあたる役割を担うに至ったこと。このような意味で,家守は不在の主人の代替者=家主として,家屋敷の居住者=店子(たなこ)を支配する擬制的な家長としての位置にいた。(2)都市行政の基礎単位である町の事務が複雑かつ高度化し,町の運営に従事する専門家として,家守の役割が重要になったこと。…

※「店子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

店子の関連情報