庚申の代待ち(読み)こうしんのだいまち

精選版 日本国語大辞典「庚申の代待ち」の解説

こうしん【庚申】 の 代待(だいま)

願い主の代人となって庚申参りをすること。江戸時代、大坂では、庚申の日が近づくと、こじき坊主が、浅葱もめんの衣に、手甲、脚胖(きゃはん)をつけ、どらをたたいて「四天王寺の代待ち」などととなえながら、各家を回って金品をもらって歩いた。
浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)三「庚申(かのへさる)にはとと打って庚申(カウシン)のだいまち。さて傘(からかさ)に赤前垂を腰に巻き、住吉踊」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android