コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉踊(り) スミヨシオドリ

デジタル大辞泉の解説

すみよし‐おどり〔‐をどり〕【住吉踊(り)】

大阪の住吉大社御田植神事に行われる踊り。歌い手は上に御幣をつけ、縁に幕を垂らした大傘を立て、手の割り竹で傘の柄を打ちながら歌う。数人(本来は四人)の踊り手は縁に幕を垂らした菅笠(すげがさ)をかぶり、口を白布で隠し、手にうちわを持って踊る。江戸時代には願人坊主が大道芸として流布し、かっぽれ万作踊りなどに影響を与えた。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すみよしおどり【住吉踊】

民俗芸能。大阪市住吉区の住吉大社に伝承される踊りで,古くは住吉大社の神宮寺,新羅寺の社僧御田植祭に踊ったあと,住吉代参の祈禱の目的で京阪を巡回して踊ったものだという。白木綿の衣装に手甲,股引脚絆といった旅仕度の者4~5人が円陣をつくり,音頭取りが大傘を立てて〈住吉様の岸の姫松目出たさよ〉などと傘の柄をたたきながら歌うのにつれて,うちわを打ちふり足をはねあげて踊る。茜(あかね)染の布をめぐらした菅笠(すげがさ)や茜木綿の前垂れなどにも特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

住吉踊(り)の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)雷門 助六(8代目)御田植祭[住吉]三遊亭 円弥住吉の御田植門付芸外記節万作踊喜撰門付寄席

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android