度縁(読み)ドエン

世界大百科事典内の度縁の言及

【公験】より

…鎌倉時代になってから,私的な売券や寄進状等を除いて,所領等の権利を公認した院宣・綸旨(りんじ)および幕府発給の所領安堵の文書等も公験といわれた。(2)律令制のもとで,僧尼にたいして,官の許可〈度縁(どえん)〉を得て出家・受戒したことを公認した証明書。【橋本 初子】。…

【度牒】より

…出家得度の証として政府が交付する証明書。度縁ともいう。中国では北魏(386‐550)の時代に類似のものが発給され,唐では747年(天宝6)から行われ,清に及んだ。…

※「度縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

度縁の関連情報