玄蕃寮(読み)げんばりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄蕃寮
げんばりょう

律令制のもとで治部省に属し仏寺や僧尼名籍や三韓などの外国人の接待などを司った役所。『和名抄』には「法師客人 (まらうと) の司」と記され,『令聞書』には「は法師,は諸蕃のことなり」と述べられている。唐の鴻臚寺にあたるものである。 (→鴻臚館 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

玄蕃寮【げんばりょう】

治部省所属の令制官司。玄は僧,蕃は海外諸国。和訓は〈ほうしまらひとのつかさ〉。職掌は京内の寺院・仏事,諸国の僧尼の掌握と外国使節の接待など。職員は頭(かみ)・助(すけ)・大允(だいじょう)・少允・大属(だいさかん)・少属各1人,史生(ししょう)4人ほか。→大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんばりょう【玄蕃寮】

日本古代の令制官司。玄は僧,蕃は海外諸国ので,《和名抄》は〈ほうしまらひと(法師客人)のつかさ〉と訓じている。治部省の管轄下にあって,京内の寺院・仏事,諸国の僧尼の掌握,外国使節の接待,鴻臚館(こうろかん)の管理などをつかさどった。中国では玄は道教を意味し,隋・唐では崇玄署という道士(道教を修めた人)を監督する役所が設けられたが,この役所は同時に僧尼に関することも担当した。玄蕃寮の〈玄〉はおそらくこの役所に由来するもので,日本には道士が存在しなかったので,玄で僧侶のみを指すことになったのであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんば‐りょう ‥レウ【玄蕃寮】

〘名〙 令制での官司の一つ。治部省の管轄下にあり、外国人の送迎接待や、仏事、僧尼の名籍等を扱う。職員に頭(かみ)・助(すけ)・大少允(じょう)・大少属(さかん)各一人、史生四人、そのほかがある。ほうしまろうどのつかさ。げんばのつかさ。げんばんのつかさ。げんば。
※令義解(718)職員「玄蕃寮 頭一人。〈掌仏寺。僧尼名籍。供斎。蕃客辞見讌饗送迎。及在京夷狄。監当館舎〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報