コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭藤 ニワフジ

デジタル大辞泉の解説

にわ‐ふじ〔にはふぢ〕【庭藤】

マメ科の落葉小低木。川岸などに生え、高さ30~60センチ。葉は狭卵形小葉からなる羽状複葉。夏、紅色白色の花を総状につける。庭園によく植えられる。いわふじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にわふじ【庭藤】

マメ科の落葉小低木。川岸などに自生し、庭木ともされる。高さ約50センチメートル。葉は羽状複葉。初夏、葉腋から総状花序を出し、紅紫色の蝶形花をつける。白花品種もある。岩藤いわふじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

庭藤 (ニワフジ)

学名:Indigofera decora
植物。マメ科の落葉小低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

庭藤の関連キーワード総状花序庭木葉腋

庭藤の関連情報