コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康哉 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康哉 こうさい

?-1832 江戸時代後期の僧,歌人。
真言宗。生地の常陸(ひたち)(茨城県)で善応寺,観音寺の住職をつとめる。そのかたわら国学者の小山田与清(ともきよ)にまなぶ。「万葉法師」といわれるほど「万葉集」を研究し,佐久良東雄(あずまお)らおおくの弟子におしえた。天保(てんぽう)3年3月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

康哉の関連キーワード不戦条約批准問題本多忠直(2)加藤友三郎内閣内山 岩太郎10月17日内閣総理大臣園田 太邑倉知 鉄吉4月19日柴原 亀二斎藤実内閣幣原喜重郎阿部守太郎8月10日横川 省三横川省三コーラン原敬内閣広田弘毅高木正坦

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康哉の関連情報