コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康哉 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康哉 こうさい

?-1832 江戸時代後期の僧,歌人。
真言宗。生地の常陸(ひたち)(茨城県)で善応寺,観音寺の住職をつとめる。そのかたわら国学者の小山田与清(ともきよ)にまなぶ。「万葉法師」といわれるほど「万葉集」を研究し,佐久良東雄(あずまお)らおおくの弟子におしえた。天保(てんぽう)3年3月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

康哉の関連キーワードハモンドアービング(Washington Irving)ハモンドバルザックジョン・L.L.B. ハモンドゲーテとシラーの霊廟アガシー雪華図説大塩平八郎オソン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康哉の関連情報