コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久良東雄 さくら あずまお

8件 の用語解説(佐久良東雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐久良東雄

幕末の志士・歌人。通称靱負、号は薑園。真鍋善応寺の住職。和歌を嗜み、主として勤王報国の精神を詠じる。後仏門を捨て王政復古を祈願するようになり、桜田門外の変に関係した人物を匿った罪で捕らわれる。万延元年(1860)歿、50才。贈従四位。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくら‐あずまお〔‐あづまを〕【佐久良東雄】

[1811~1860]幕末の志士・歌人。常陸(ひたち)の人。号、薑園(きょうえん)。平田篤胤(ひらたあつたね)の門下。桜田門外の変に連座、獄中で絶食死した。歌集「薑園集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久良東雄 さくら-あずまお

1811-1860 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家,歌人。
文化8年3月21日生まれ。平田篤胤(あつたね)の門で国学をまなび,水戸藩の勤王派とまじわる。のち京都の妙法院宮家につかえ,桜田門外の変を計画した高橋多一郎父子をかくまったため捕らえられ,万延元年6月27日獄死。50歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。本姓は飯島。名は良哉。通称は靱負,静馬など。号は薑園(きょうえん)。姓は桜ともかく。家集に「薑園歌集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久良東雄

没年:万延1.6.27(1860.8.13)
生年:文化8.3.21(1811.5.13)
幕末の歌人,志士。幼名吉兵衛,出家し良哉,還俗し通称靭負,のち静馬。薑園と号す。東雄は歌号。常陸国新治郡浦須村(茨城県八郷村)で飯島平蔵の長男に生まれる。15歳で出家し,天保6(1835)年真鍋村(茨城県土浦市)善応寺住職となる。13年12月平田篤胤に入門。翌14年6月鹿島神宮神前で潔斎し還俗,このとき佐久良(桜)東雄と改名。土浦の国学者色川三中と親しく,経済的支援を受けた。弘化2(1845)年上洛,嘉永初年ごろより大坂坐摩神社神官を務め,一方国学書の出版を行う(坐摩版)。安政1(1854)年妙法院宮家家司となる。万延1(1860)年桜田門外の変に際し大坂で高橋多一郎をかくまい捕らえられ,江戸に送られ伝馬町獄中にて絶食し死亡。<著作>『佐久良東雄歌集』<参考文献>望月茂『佐久良東雄』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらあずまお【佐久良東雄】

1811‐60(文化8‐万延1)
幕末の志士,歌人。常陸国新治郡浦須村の人。静馬,靱負と称し薑園(きようえん)と号した。師の康哉法師から《万葉集》を習う。水戸の志士と交わるに及び還俗して国事に奔走,1860年の桜田門外の変に連座し,江戸の獄に移されたが絶食して死んだ。その遺言状は烈々たる精神にあふれている。〈今聞きていまし死ぬともうれしきは上なき神の道にぞありける〉(《薑園歌集》)。【竹下 数馬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらあずまお【佐久良東雄】

1811~1860) 幕末の志士・歌人。名は「はるお」とも。号、薑園きようえん。常陸ひたちの人。桜田門外の変に連座し、獄死。歌集「薑園集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久良東雄
さくらあずまお

[生]文化8(1811)? 常陸
[没]万延1(1860).6.27. 江戸
幕末の尊王派志士。常陸国土浦藩の郷士に生れ,初め僧侶,のち国学者平田篤胤に師事。京都妙法院に出仕したが,尊王の志が厚く,井伊大老暗殺 (→桜田門外の変 ) の犯人をかくまって幕吏に捕えられ,伝馬町の獄舎で餓死した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久良東雄
さくらあずまお
(1811―1860)

江戸後期の歌人。常陸(ひたち)国新治(にいはり)郡浦須村(茨城県石岡(いしおか)市)の農家に生まれる。本名飯島吉兵衛。9歳で僧侶(そうりょ)となったが、和歌を好み、歌名を東雄、号を薑園(きょうえん)と称した。32歳で平田篤胤(あつたね)の門人となって万葉の歌を学び国学を究め、翌年僧衣を焼いて還俗(げんぞく)し、桜(佐久良)靭負(ゆきえ)と称した。35歳で京都に上り、皇居の衰微を嘆き尊皇運動に急進した。50歳の春に桜田門外の変が起こり、水戸藩士庇護(ひご)の罪によって捕らえられ、江戸・伝馬町の獄中で絶食死した。家集『薑園歌集』(1942刊)がある。[兼清正徳]
 世をなげき君をおもひし東雄のちからのかぎり尽すべきなり
『望月茂著『佐久良東雄』(1942・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐久良東雄の言及

【土浦藩】より

…このため,38年土屋寅直の襲封前後より,その側近大久保要らを中心に藩政改革の気運が起こり,儒学者藤森弘庵や同藩の名主出身で水戸藩天保検地の実務を担当した農政学者長島尉信らを登用し,農村の復興政策や藩士の教育,軍制の改革が試みられた。幕末期には水戸藩の影響を受け,飯泉一蔵,佐久良東雄ら尊王攘夷派の志士が出たが,安政の大獄で大久保要以下が処罰されると,改革も中断し明治維新に及んだ。【白川部 達夫】。…

※「佐久良東雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐久良東雄の関連キーワード良哉元明奥村吉兵衛錺屋吉兵衛吉兵衛(1)吉兵衛(2)上西門院兵衛二朱判吉兵衛野沢吉兵衛(8代)別所吉兵衛森吉兵衛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone