コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬山記 ろざんきLu-shan-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廬山記
ろざんき
Lu-shan-ji

中国,宋の陳舜兪が煕寧5 (1072) 年に著わした地誌。仏教,儒教,道教ゆかりの地として有名な廬山を著者が実際に歩いて著わしたもので,その名跡や廬山に関係の深い人々の略伝なども記している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

廬山記の関連キーワードアルフォンソ6世(勇猛王)アルプ・アルスラーン片寄り・偏り後三条天皇参天台五台山記郡山市議の待遇成尋白河天皇宣旨升欧陽脩

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廬山記の関連情報