コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬山記 ろざんきLu-shan-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廬山記
ろざんき
Lu-shan-ji

中国,宋の陳舜兪が煕寧5 (1072) 年に著わした地誌。仏教,儒教,道教ゆかりの地として有名な廬山を著者が実際に歩いて著わしたもので,その名跡や廬山に関係の深い人々の略伝なども記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

廬山記の関連キーワード虎渓三笑

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android