宣旨枡(読み)せんじます

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣旨枡
せんじます

延久4 (1072) 年に後三条天皇宣旨によって制定された公定枡。鎌倉時代中期頃までは,京都をはじめ諸国荘園でも広く使用されたが,室町時代に入ると衰えた。1京枡の約6合7勺 (約1l) にあたる。 (→ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんじます【宣旨枡】

延久年間(1069‐74)に後三条天皇勅命によって制定された平安時代中期の公定枡。延久宣旨枡ともいう。律令制が崩壊していった平安時代に,荘園整理令と関連して採られた公定枡制定政策の所産である。その容積は《伊呂波字類抄》所載の寸法によれば,京枡(1升)の6合7勺余となる。平安時代中期から鎌倉時代にかけて,この枡の使用は京都を中心としてほとんど全国に及んだ。その計量の対象は公家関係の料米が多く,また伊勢大神宮の役夫工米(やくぶくまい),諸法会の料米・灯油米等の神社・仏寺関係の米の場合が少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣旨枡
せんじます

1072年(延久4)後三条(ごさんじょう)天皇により定められた公定枡。現行枡の約六合七勺(約1.2リットル)にあたる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

宣旨枡
せんじます

1072(延久4)年,後三条天皇により定められた公定枡
延久宣旨枡ともいう。以後鎌倉時代を通して公的に使用され,室町時代に廃止された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の宣旨枡の言及

【尺貫法】より

…しかし,その実際の大きさについては多くの議論があり,判然としない。 量の単位は,経済構造や社会情勢から私制枡(ます)が横行し,統一を欠いていたが,1072年(延久4)後三条天皇により〈宣旨(せんじ)枡〉が制定された。その1升の大きさは,《伊呂波字類鈔》(鎌倉時代作)の1斗枡の寸法から換算して,近世の約6合であると思われる。…

※「宣旨枡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる