コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬草拙 ろ そうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廬草拙 ろ-そうせつ

1675-1729 江戸時代中期の天文学者。
延宝3年4月27日生まれ。廬草碩(そうせき)の子。博学で知られ,長崎聖堂学頭,書物改添役兼唐通事をつとめる。享保(きょうほう)4年西川如見とともに幕府によばれ,天文暦学の質問にこたえた。岡島冠山と交遊があった。享保14年9月9日死去。55歳。肥前長崎出身。名は元敏。通称は元右衛門。号は葆真(ほうしん)。著作に「啽囈(がんげい)録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

廬草拙 (ろそうせつ)

生年月日:1675年4月27日
江戸時代中期の天文学者
1729年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

廬草拙の関連キーワード北島見信生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android