建永(読み)ケンエイ

大辞林 第三版の解説

けんえい【建永】

年号(1206.4.27~1207.10.25)。元久の後、承元の前。土御門つちみかど天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんえい【建永】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1206年から1207年まで、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は元久(げんきゅう)。次元号は承元(じょうげん)。1206年(元久3)4月27日改元。天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。建永年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)、執権は北条義時(よしとき)(2代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建永の関連情報