コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設産業 けんせつさんぎょうconstruction industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建設産業
けんせつさんぎょう
construction industry

建築,土木など建設工事の完成を請負う営業の総称。主要な業態としては,総合建設業,職別建設業,元請建設業,下請建設業などがある。建設業者は,建設業法に従って,建設大臣もしくは都道府県知事に登録してその指導,監督のもとに業務を行うことになっている。特殊性としては,(1) それが注文生産であること,(2) 季節的,景気循環的にみて需要の変動が激しいこと,(3) 土地に関連が深いこと,(4) 定置的な工場生産と異なり移動型の生産活動であること,(5) 数多くの資源,原材料,職能,人材を動員するシステム産業であること,(6) 屋外で行う産業活動であること,などの点があげられる。さらに元請企業と下請企業が複雑に重層的にしかもその都度,分業関係を形成する点も他産業にはみられない特色とされるが,これらの業態の特殊性から,日本では総合建設業者と名づけられる大手元請建設業者いわゆるゼネコン general contractorが発達し,総合調整とアッセンブル機能を中心にいわゆるシステム産業として展開しつつある。業者数は約 51万社,就業人口は約 570万人にものぼるといわれ,建設投資額は 1989年実績で約 70兆円と GNPの約2割近い市場規模をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

建設産業の関連キーワード日刊建設産業新聞ウズベク・ハン住友商事(株)立ち木トラスト住友商事[株]アムステルダム工事契約会計長谷部 鋭吉国土交通省酒井重工業竹腰 健造オーリイ住友商事日建設計積水樹脂津田 久建設省津田久伊藤正

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建設産業の関連情報