弁天宗(読み)べんてんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁天宗
べんてんしゅう

奈良,高野山真言宗の住職の妻であった大森智弁 (1909~67) が,1933年,弁財天の霊示を受けて病から救われた体験をもとに開いた宗派。智弁は 52年,弁財天を本尊として独立し,おもに近畿地方で宗教活動を行うとともに,65年,智弁学園高等学校を設立するなど,教育事業をも手がけた。現在は茨木市本部をおき,公称信者数は約 30万人。教義の中心はあらゆる生命をはぐくむ「水の心」にあり,信者にその遵守を説く一方,本部には施薬部が設けられ,漢方薬と祈りによる治病が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android