コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁天宗 べんてんしゅう

1件 の用語解説(弁天宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁天宗
べんてんしゅう

奈良,高野山真言宗の住職の妻であった大森智弁 (1909~67) が,1933年,弁財天の霊示を受けて病から救われた体験をもとに開いた宗派。智弁は 52年,弁財天を本尊として独立し,おもに近畿地方宗教活動を行うとともに,65年,智弁学園高等学校を設立するなど,教育事業をも手がけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁天宗の関連キーワード高野山大学羽賀寺古義真言宗八栗寺矢田寺高野山案内犬真言宗智山派奈良県大和郡山市矢田町慈業水原尭栄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弁天宗の関連情報