弁護士任官制(読み)べんごしにんかんせい

百科事典マイペディアの解説

弁護士任官制【べんごしにんかんせい】

一定の経験を積んだ弁護士を定期的に裁判官検察官に採用する制度。従来から弁護士任官は法的には可能であったが,より積極的にこれを推進しようとするもの。日本弁護士連合会と最高裁,法務省の合意に基づき,1992年春から本格的に実施。法曹一元的な要素を含む点で重要だが,実際の任官数はなお少数にとどまっている。
→関連項目判検交流

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android