コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁護士任官制 べんごしにんかんせい

百科事典マイペディアの解説

弁護士任官制【べんごしにんかんせい】

一定の経験を積んだ弁護士を定期的に裁判官検察官に採用する制度。従来から弁護士任官は法的には可能であったが,より積極的にこれを推進しようとするもの。日本弁護士連合会と最高裁,法務省の合意に基づき,1992年春から本格的に実施。
→関連項目判検交流

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

弁護士任官制の関連キーワード検察官(法律)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android