コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁護士任官制 べんごしにんかんせい

1件 の用語解説(弁護士任官制の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

弁護士任官制【べんごしにんかんせい】

一定の経験を積んだ弁護士を定期的に裁判官検察官に採用する制度。従来から弁護士任官は法的には可能であったが,より積極的にこれを推進しようとするもの。日本弁護士連合会最高裁法務省の合意に基づき,1992年春から本格的に実施。
→関連項目判検交流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

弁護士任官制の関連キーワード定期船法曹一元制板に付く経験者古兵定期的年の功場数を踏むあんだ弁慶乾政彦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弁護士任官制の関連情報