コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本弁護士連合会 にほんべんごしれんごうかい

7件 の用語解説(日本弁護士連合会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本弁護士連合会
にほんべんごしれんごうかい

弁護士および弁護士会の指導,連絡および監督に関する事務を行うことを目的とする法人 (弁護士法 45) 。弁護士および弁護士会を会員とする (47条) 。略称日弁連。職務の一つとして,各弁護士会の行なった弁護士の登録の拒絶,取消しに対する不服申立てについての審査がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本弁護士連合会

全国52の弁護士会と個々の弁護士などで構成される連合組織。弁護士全員が会員になっている。国家機関から監督を受けない独自の自治権を持つ。会長は法曹三者のトップの一角に位置づけられ、立法や司法政策、人権問題に関する発言は重い意味を持つ。会長選では弁護士に1票ずつ投票権がある。

(2008-01-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐べんごしれんごうかい〔‐ベンゴシレンガフクワイ〕【日本弁護士連合会】

全国の弁護士および弁護士会を会員とする公法人。弁護士の登録、会員の指導・連絡・監督に関する事務を行う。昭和24年(1949)設立。日弁連。JFBA(Japan Federation of Bar Associations)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本弁護士連合会【にほんべんごしれんごうかい】

弁護士および弁護士会を会員とする法人。日弁連と略。弁護士法に基づき,会員の指導・連絡・監督に関する事務を行う。弁護士となるには弁護士会を経由して本会の名簿に登録を要する。
→関連項目外国法事務弁護士弁護士任官制弁護士報酬法律扶助

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんべんごしれんごうかい【日本弁護士連合会】

日本の全弁護士および全弁護士会を会員とする唯一の全国組織。略して日弁連と呼ぶ。1949年,弁護士法45条に基づいて設立された公法人である。弁護士は,各地方の弁護士会(日弁連に対して単位会と呼ばれる)に加入することを要し,また当然に日弁連の会員となる(強制加入)。 日弁連は会員に対する懲戒権を有し,また単位会の懲戒処分につき不服審査を行う。弁護士になろうとする者の資格審査,弁護士名簿の管理等も重要な業務内容である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんべんごしれんごうかい【日本弁護士連合会】

弁護士の登録、会員の指導・連絡・監督に関する事務遂行を目的とし、全弁護士および全弁護士会を会員とする公法人。1949年(昭和24)設立。日弁連。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本弁護士連合会
にほんべんごしれんごうかい

日本弁護士連合会は、弁護士および弁護士会を会員とする法人である。略して日弁連とよぶ。その目的は、弁護士の使命および職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士事務の改善進歩を図るため、弁護士および弁護士会の指導・連絡および監督に関する事務を行うことにある(弁護士法45条・47条)。
 弁護士となるには、入会しようとする弁護士会を経て、日本弁護士連合会に登録の請求をし(同法9条)、そこに備えられた弁護士名簿に登録されなければならない(同法8条)。その際、弁護士会は資格審査会の議決に基づき、登録または登録換えの請求の進達を拒絶し(同法12条)、あるいは登録取消しの請求(同法13条)ができることになっている。登録取消しの請求をされた者は、日本弁護士連合会に異議を申し出ることができる(同法14条)。また、弁護士会から登録および登録換えの請求の進達を受けた場合、日本弁護士連合会は、その請求を拒絶することを相当と認めるときは、資格審査会の議決に基づき、その登録または登録換えを拒絶することができる(同法15条)。なお日本弁護士連合会の処分に不服なときは、東京高等裁判所にその取消しの訴えを提起することができる(同法16条)。[内田武吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本弁護士連合会の関連キーワード弁護士法当番弁護士制度顧問弁護士企業内弁護士懲戒請求懲戒制度裁判員制度を巡る弁護士会の動き日弁連会長選宮川光治須藤正彦

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本弁護士連合会の関連情報