コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評定始 ひょうじょうはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじょうはじめ【評定始】

中世の武家の儀式の一つ。毎年正月,また将軍代始などにあたり,将軍着座のもとで,管領および評定衆らが初めて政務評定する儀式である。鎌倉幕府の評定衆は,執権のもとで政策を議し政務を担当する,元老らによって構成されていた。そして歳首恒例の評定始はおおむね正月の中旬に行われ,奉行が折紙に記した神事等に関する3ヵ条の議案を披露し,これを将軍が一覧して点を加えたのち,酒盃を賜り三献の式を行うのがならわしであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

評定始の関連キーワード斎藤親基日記評定奉行式評定衆作事始籤の役満済

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android