コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓ヶ浜絣 ゆみがはまがすり

2件 の用語解説(弓ヶ浜絣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆみがはまがすり【弓ヶ浜絣】

鳥取県米子市付近一帯で織られる綿絣織物。伝統的工芸品指定品で浜絣ともいう。意匠は素朴で山水,花鳥,吉祥柄の絵絣が多い。延宝年間(1673‐81)に備中(現在の岡山県倉敷市玉島)から小室新兵衛が綿種を持ち帰り,綿花栽培を始め,宝暦年間(1751‐64)に備後から絣技術が導入されて生産が始まった。砂地に適するように改良した伯州綿の手紡ぎ糸を手でくくった絣を藍染にし,高機(たかはた)で織る。風合いが柔らかく夜具地,ざぶとん地,着尺用にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓ヶ浜絣
ゆみがはまがすり

鳥取県米子(よなご)地方で織り出す木綿の絵絣。弓浜絣(ゆみはまがすり)、または「浜絣」ともよばれ、幕末から明治にかけて全盛期で、生活に密着した絵柄(えがら)模様が絣柄に取り入れられている。同地方は古くから暖かい砂地のためワタ栽培が盛んで、江戸期には「伯州綿」で名をなした。地綿を手引きし地藍(じあい)で絣を染めた。夜具地、座ぶとん地、着尺地などに使用した。現在もわずかに産出するが、多くは機械織りで、染法は化学染め、または正藍(しょうあい)・化学染めの併用である。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弓ヶ浜絣の言及

【弓ヶ浜】より

…このため弓ヶ浜の農業は飛躍的に発展し,新田集落も形成された。とくに藩政時代はワタづくりが盛んで伯州綿の中心産地であり,弓ヶ浜絣(浜絣)は今も特産品である。その後明治になって洋綿の輸入により衰退し,代わって桑畑が広がった。…

※「弓ヶ浜絣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弓ヶ浜絣の関連キーワード米子市岩国縮能登縮備後織物米子足利織備後絣大山トム・ソーヤ牧場長尾寛治豅含雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone