弓杖(読み)ユヅエ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐づえ〔‐づゑ〕【×杖】

ゆんづえ」に同じ。
「―の音までもさえとほりておもしろきに」〈弁内侍日記

ゆみ‐づえ〔‐づゑ〕【弓×杖】

ゆんづえ」に同じ。

ゆん‐づえ〔‐づゑ〕【×杖】

《「ゆみづえ」の音変化》
弓を杖とすること。また、その弓。ゆづえ。
「―を突いて生田の森の逆茂木(さかもぎ)を上り越え」〈平家・九〉
弓丈(ゆんだけ)」に同じ。
「―五杖ばかり」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆみづえ【弓杖】

弓を杖の代用にしてもたれること。ゆづえ。ゆんづえ。 「 -をして、ただ打ちに打てば、どよみて逃げののしるほどに/栄花 音楽

ゆんづえ【弓杖】

〔「ゆみづえ」の転〕
ゆみづえ(弓杖)」に同じ。 「 -つゐて、馬の息をつかせ給ひしかば/平治
ゆんだけ(弓丈)」に同じ。 「 -五杖ばかり安々と投げ渡す/太平記 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐づえ ‥づゑ【弓杖】

弁内侍(1278頃)寛元四年一一月二〇日「ゆつえの音までもさえとほりて」

ゆみ‐づえ ‥づゑ【弓杖】

〘名〙 代用とすること。また、その弓。ゆんづえ。ゆづえ。
※栄花(1028‐92頃)音楽「赤き衣著たる者出で来て、ゆみづゑをしてただ打ちに打てば」

ゆん‐づえ ‥づゑ【弓杖】

〘名〙 (「ゆみづえ(弓杖)」の変化した語)
① 弓を杖とすること。杖として弓を用いること。また、その弓。ゆづえ。
※平家(13C前)九「河中より弓杖(ユンヅエ)〈高良本ルビ〉をついておりたったり」
※高野本平家(13C前)八「ふくりう寺縄手は、はたばり弓杖(ユンツエ)一たけばかりにて、とほさは西国一里也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android